全国無料配送(一部地域を除く)&返品時も着払いで返品OK♪

0
  • HOME
  • ご利用ガイド
  • ご注文の流れ
  • コラム
商品カテゴリ

HOME コラム > ブーツ?それとも草履?袴を着るときの小物使いのポイントとは
ブーツ?それとも草履?袴を着るときの小物使いのポイントとは
2019.09.20 行事・祭事のコト

ブーツ?それとも草履?袴を着るときの小物使いのポイントとは

大学や専門学校の卒業式に、袴姿で出席する女性は多くいらっしゃいます。袴と振り袖どちらを選んでも問題はありませんが、「振袖は成人式で着られるから、卒業式には袴を選ぶ」という背景から袴が主流になっているそうです。またすでに振袖をお持ちの方は、自前の振袖を着用して袴を合わせる「振袖袴」として、また違った雰囲気で着こなすことも。こちらでは袴を着る際に重要となる、袴ならではの小物の使い方をご紹介します。

袴のときはブーツ?それとも草履?

袴と振袖との小物使いで、最も異なるポイントは履物でしょう。和装の場合、通常は草履を着用します。しかし、袴に限ってはブーツを合わせるというスタイルも見られます。これには諸説ありますが、明治時代の中頃、学習院女子の前身校で女学校の制服として袴を着用するようになったことに関係していると言われています。明治後期から大正にかけて、袴姿の女学生は「学ぶことができる女性の象徴」となり、当世のファッションリーダーでもありました。そんな中、明治後期に革靴のブーツが販売されると、袴にブーツを合わせたスタイルが大流行。それ以来、袴姿に西洋のアイテムを取り入れるのが定番となったとあります。とは言え、袴には草履を合わせるのが本来ですから、必ずブーツである必要はありません。それぞれのメリット・デメリットを知った上で、どちらにするかを選びましょう。

ブーツのメリット、デメリット

ブーツのメリットとして挙げられるのが、背が高くスタイルが良く見える、歩きやすい、はいからさんスタイルが楽しめるという点でしょう。反対に、脱ぎ履きが大変であることや、着物によっては合わないことがデメリットと言えます。

草履のメリット、デメリット

草履は、脱ぎ履きが楽なことやどんな着物や袴にも合うという点がメリットとなります。デメリットとしては、慣れていないと歩きづらい点や、雨や雪などの悪天候の場合は対応策が必要な点が挙げられます。

それぞれに良い点と気をつけなければいけない点がありますが、結局はご本人の好みで決めることがほとんどです。ブーツか草履かによって袴丈が変わるため、着付け時には注意してくださいね。

袴のときに持つバッグは?

和装のとき、どんなバッグを持つかも悩みどころです。袴は「和装×西洋」が似合うとは言え、普段持っているバッグとは違うものを選びたいですね。袴には、着物の色や柄に合った巾着やガマ口のバッグがおすすめです。

袴姿に似合うヘアアクセサリー

通常の着物では髪を上げたアップスタイルが多く見られますが、袴にはハーフアップなどの髪型もよく似合います。ハーフアップにして大きなリボンを中央につければ、はいからさん風に。ブーツを履くのであれば、明治、大正時代に流行した矢絣柄をヘアアクセサリーで取り入れるのもおしゃれですね。

まとめ

小物使いで個性が出せる袴姿。履物やバッグ、ヘアアクセサリーでお気に入りのスタイルを見つけましょう。

 

 

袴レンタルはこちら

シェアする
Webからのお問い合わせはこちら

ページの最上部へ