HOME コラム > 着付け師の独り言3
着付け師の独り言3
2018.04.15 卒業袴

着付け師の独り言3

袴レンタル 卒業式 e-きものレンタル

はーっ。やっと落ち着いたー。

怒涛の袴も無事終了し、あとは来る五月。結婚式の着付けだわー。

 

あ、ご無沙汰しています。

着付け師のMと申します。

お元気ですか?

 

さて、3月は卒業式のシーズンでしたね

今年はお天気にも恵まれて、皆様、良い卒業式でした♪

袴レンタル 卒業式 e-きものレンタル

年々、卒業式に袴を着る卒業生のお嬢様が増えていらっしゃいます。

大学生さん、短大生さん、専門学校生さん、小学生さん!

本当に幅広くて、着付け師としては嬉しくなっちゃいます♪

 

 

基本的に女性の袴は行灯袴と言って、スカートタイプの物。

ロングスカートと同じ構造なので、着ているのはとっても楽です。

そして、今は着物レンタルショップが沢山ありますから、借りて、着せて貰って、卒後式へGO!!

そんなお手軽な卒業袴が人気だとか☆

確かに楽ですよねー。

 袴レンタル 卒業式 e-きものレンタル

 

 

着物は特に袴は上に着る着物と下に履く袴。こちらの2部構成。

着付けるのは比較的、簡単で、見様見真似でも着せる事は出来るのですが。

脱ぐまで、脱げない様に着せるのがとっても難しいのです。

 

今回の会場でもあったのが、お母様と来ていたお嬢様。

他の着付け師さんに着せて貰って、いざ、卒業式の会場に来てみたら。

何か自分の娘の袴姿がおかしい…と、感じ、

「お金ならいくらでも払うから、何とかしてください‼」と、切羽詰まったご様子で、私達に泣きついて来られました。

そのお嬢様の袴姿を見たところ…。男性用の袴の紐結びでした。。。

もう、こちらの目が点になりましたよ。

 

そして、袴の丈もお草履にしては短すぎて、足袋の履き口まで見えてらっしゃいます。

 

レンタルあるある話ですけど。

どうしてもシーズンに着用日が重なってしまって、自分のサイズが売り切れ状態。

お店の人に何とかして‼って、泣きついてもどうしようもなくて。

ワンサイズ小さ目、大き目を無理に借りてしまう。

「着付け師さんが何とかしてくれる。」そんな甘い幻想が広がってしまうようです。

 

ハイ!何とかできるサイズと、どうしようもないサイズがあります!

 

まず、袴が短い場合。それもせいぜい、3㎝~5㎝位です。

袴帯(半幅帯)で、長さをカバーする。

この方法だと、1.5㎝~3㎝位は長めに出来る場合があります。

まだ、短い場合。お草履は止めてブーツにする。

ブーツにすると、編み上げの部分を見せた方が可愛いので。

お草履のジャストサイズより5㎝位短くても大丈夫。

この辺の「大丈夫」な感覚は人それぞれの美意識によるところが大きいです。

 

袴が長い場合。こちらは4㎝~8㎝程度であれば短く出来ます。

袴の前のベルトのような部分、みぞおち部分に来る前の紐の部分です。

こちらを折り曲げて短くします。でも、それもせいぜい折って、2回まで。

それ以上折ってしまうと、袴の形が崩れてしまうので見苦しくなってしまいます。

袴レンタル 卒業式 e-きものレンタル

サラッと袴の丈の調整方法を書きましたが。

こちらは、誰にでも出来る訳ではありません。

袴の構造を分かってない人、着付け師としての経験が浅い人が安易に行うと、あっという間に着崩れます。

袴が着崩れるという事は、袴が下に落ちるという事。

そして、落ちてしまったら分からない人、

つ・ま・り。

着せて貰ったご本人様はまず、直せない…。

 

 今回も会場入りの時間で既に袴がずり落ちているお嬢様、沢山見かけました。

簡単そうに見える、袴の着付け。

実は着せる為の重要なポイントが沢山あって、綺麗に着せるのが難しい。

着崩れない着付けは着付け師の経験と練習が必要。

 

そんな基本的な事に改めて、精進しようと決心した、卒業式、袴戦線でした。

 

あら・・・

今回はとっても真面目でしたね。

でも、とっても大事な事なので(*^^*)

着付け師として、ちゃんとしないと!って意気込んじゃいました☆

 

では、また、お話し聞いて下さいねー。

では、素敵な着物ライフを